フードコーディネーターとは?

資格でスキルアップ

フードコーディネーターとは?

フードコーディネーターという資格をご存知でしょうか。
フードコーディネーターは食に関するあらゆることをプロデュースする仕事のことです。
例えば飲食店で新しいメニューを考案する、レストラン全体をプロデュースする、テレビや雑誌やネットでの宣伝活動などに携わるのも仕事の一環です。
食に関する仕事に就きたい方、転職されたい方にもおすすめしたい資格のひとつです。
その資格試験の内容についてみてみましょう。

フードコーディネーターの試験は1級から3級までの階級に分かれています。
それぞれ年に一回だけ試験が実施されます。
順番に3級から資格を受けて徐々にステップアップしていくのがおすすめかもしれません。
プロとして活躍したいのであれば是非1級の資格取得を目指してみましょう。

3級は基礎的な内容となっており、食に関して広く浅い知識を持っていることが合格の要件です。
2級を取得すれば、フードコーディネーターのアシスタントとして働くことができます。
2級になると2次試験が追加されます。
その後1級を取得すれば仕事の幅も広がります。

もっと詳しく知りたい方はこちら»特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会HP

注目サイト

Last update:2015/1/21