食品衛生責任者の資格をとる

資格でスキルアップ

食品衛生責任者の資格をとる

食品衛生責任者という資格があります。
食品関連の業務を行う職場でその有資格者を置くことが法律により義務付けられているのです。
今後食品関連の事業を始める予定のある方はその資格を取得しておく、もしくはスタッフの誰かにそれを取得させることを考えなくてはいけません。
その資格はどうすれば取得することができるのでしょうか。

ひとつは講義を受講することです。
その内容は、公衆衛生、食品に関する衛生全般に関連する講義です。
定められた時間(6時間以上)をその講義を受ければ、資格が与えられます。
ちなみに講義に関しては都道府県ごとに実施されています。
お住まいやお店を出している管轄の保健所に問い合わせてみればその詳細を教えてくれると思います。

また特定の資格をお持ちの方は、この講義を受講しなくても食品衛生責任者の資格が与えられます。
栄養士、調理師、船舶料理士などがそれに該当します。
その資格を取るために、既に講義で話される内容について学んでいるからです。

もっと詳しく知りたい方はこちら»食品衛生責任者|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

2015/1/21 更新